突然ですが、独立しました

From:昌子 幹

業務委託で仕事を受けていた期間も含めると、合計6年半もお世話になった会社を退職し、この度セールスコピーライターとして独立することにした。

その結果、周りの人たちから、もっぱら”ある質問”をされるようになった。それは、、、

「なぜ独立するのか?」

本当によく聞かれる。。なんでこんなに聞かれるのか?考えてみたところ、この質問をされる理由のひとつに、どうも僕に起業家的なイメージがないことがあるのではないか?要は「意外」なのだ。

独立したり、起業したりする人って、なんていうかカリスマ性があったり、強烈なキャラを持ってるイメージがあると思うけど、残念ながら僕にそんなものはない。

いたって普通なのだ。平凡なのだ。

今となってはそれでいいと思っているが、昔はそれで悩んだことがあるのもまた事実だ。というのも、、、

以前の会社でコピーライティングのセミナーの講師をやったり、メルマガを書くようになったことがある。こういうのって、ある種、自分自身を売り込む必要があるんだけど、初めてのことなので、どういうキャラで自分をアピールすればいいのかわからない。

さて、どうしたものか?

当時、それを友人の楠瀬健之さんに相談したことがある。ちなみに、知っている人もいると思うが、楠瀬さんは並外れたアイデアと行動力、そして強烈なキャラを併せ持つ、生まれついての起業家だ。

なんせ、自分の店で売っていたホットタピオカドリンクが売れないのは「ぬるい」のが原因だと凡人にはできない発想をしたあげく、極限までホットにしたタピオカでお客さんを恐怖のどん底に陥れたこともある経歴の持ち主なのだ。

(想像してみてほしい。沸騰したヤカンの如く最高度に熱せられた小さな塊が、ストローを通しあなたの喉に向かってまっしぐらに飛び込んでくるところを…)

それはさておき、その楠瀬さんに「僕ってどういうキャラでいくといいと思いますか?」と聞いてみたところ、何のためらいもなく返ってきた答えがこれだ、、、

「”普通”…じゃないですか?」

・・・フ、フツー!?

それって辞書的に言うと、俺は「いつ、どこにでもあるような、ありふれたもの」だということなのか?「他と特に異なる性質を持ってはいないさま」なのか??ていうか、ひょっとしてこの人、単に俺をディスってるだけじゃないのか???

肩を落とし落胆する僕に気づいた楠瀬さんは、慌ててこう付け加えた。

「いやいや、違いますよ!昌子さんみたいに普通の人でもスーパーコピーライターになれるんだよってことが伝わるからいいんですよ…(汗)」

なるほど、そういうものか…

実はディスられていることにかわりはないんだけど、その時の僕はそのことには気づかず、ただ妙に納得したのを覚えている。

ま、でも考えてみれば確かに、無理してキャラを作ったところで、いずれ化けの皮が剥がれるだろう。そうでなくても、自分にはないキャラを演じ続けるのはしんどいに違いない。

例えば、僕に”福山雅治”を期待されたところで、土台無理な話だろう。外見は多少いけたとしても、キャラはどう転んでも無理だ。あの雰囲気は到底醸し出せまい。

だったら、無理をせず素のままの自分で行った方がいいに決まってる。そもそも、物理的にも今の自分以上の何者かになったり、自分の実力以上のものを出せるわけがないのだ。

そんなことより重要なのは、目の前のお客さんに貢献できるように自分にできることを精一杯尽くすことではないのか?読者に喜んでもらうために言葉を尽くすことではないのか?つまり、、、

普通で何が悪い!!

実際、「俺は普通でいく!」と開き直ると随分と楽になった。それはもちろん「成長しない」という意味ではない。

「権威でなければならない」というプレッシャーがなくなったので、セミナーでもさほど緊張しなくなったし、「いいことを書かないといけない」という呪縛から解放されたので、メルマガもすんなりと書けるようになった。

すると、とてもありがたいことに「すごくわかりやすかったです」とか「メルマガめっちゃおもしろいです」という声をもらうことが多くなった。とりわけ「アドバイスもらった通りにやってみたら売上アップしました」と言われた日にはこの仕事をやってて良かったと心の底から思う。

残念ながら部署異動などもあり、セミナー講師もメルマガ連載もしなくなって1年以上が経つ。が、今回独立するにあたって、今までよりもさらに自分をアピールする必要性が増すだろう。時には必要以上に自分を大きく見せたい誘惑に駆られることもあるかもしれない。

だけど、僕は普通でいく。このままの自分でいく。セールスコピーライターとして、クライアントとお客さんの縁を紡ぐために”言葉”を尽くし、自分にできる”事”と与えていただいた”場”を尽くしていく。というわけで、、、

KOTOBAX(コトバックス)、開業します!

KOTOBAXの事業やこのブログを通じてあなたのお役に立て、そして喜んでいただけるなら、僕にとってそれ以上に嬉しいことはありません♪

今後とも、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

P.S.

当面は個人事業主として一人でやっていこうと思っていたのだが、一人はやはり寂しい。くじけそうな時に支えてくれる仲間が欲しい。相談できる相棒が欲しい。

そこで、とある米屋で働いていた優秀な男をヘッドハンティングして、うちの顧問に就任してもらった。

僕が忙しい時、ネタに困った時には、僕に代わって彼がこのブログを書いてくれるはずだ。

紹介しよう。うちの顧問「おかか」だ、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする